a ラグビーワールドカップ、ウェールズはイギリスじゃないの?

futaba-log

ふたばログ~男の子子育て中ママ2人のブログです。

日記

ラグビーワールドカップ、ウェールズはイギリスじゃないの?

今日はラグビーワールドカップの準決勝で、ウェールズ対南アフリカ。

こちらも接戦でしたが南アフリカがなんとか勝利しました。

 

ところで、サッカーでもそうだったので素朴な疑問なんだけど、

 

なんで「イギリス」で出ないの?

 

オリンピックとかはイギリスで出場するのに、
どうしてワールドカップサッカーとワールドカップラグビーだけ、イギリスじゃなくて

  • アイルランド
  • イングランド
  • ウェールズ
  • スコットランド

の4チームで出てるのかなぁ??って疑問。。。

で、ぐぐってみたところ、

 

イギリスはイングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドで構成されています。しかも、これらの国々は、州や県ではなく特殊な国として存在しているのです。

~略

各国のこだわりは強く、たとえばスコットランドでは、イギリスのポンド紙幣も使用できますが独自の紙幣も発行しており、そちらのほうが流通しているくらいです。

以前、僕がイギリス南部のボーンマス交響楽団を指揮した際、担当の事務局員に「チャールズ皇太子は、いつ王になるの?」と質問したところ、「僕はスコットランド人だから興味がないんだよ」という答えを聞き、そこまで徹底しているのかと感心しました。

Business Journal より

 

https://biz-journal.jp/2019/10/post_125065.html

 

また、FIFA(国際サッカー連盟=Federation International de Football Association)の創立は1904年ですが、世界最古のサッカー協会であるイギリスのサッカー協会の創立は、それより約40年も早い1863年。4つの国の協会はそれぞれ個別に活動しており、FIFAへの加盟も4協会個別での加盟を主張したそう。

 

サッカーとラグビーには「イギリス」はないの?伝統国の複雑な事情

そっかー
サッカーがそうなら、ラグビーもそうなのかな?

ラグビーではオリンピックのように国ごとではなく、協会単位で代表チームが作られるため、上記4チームが存在することになっています。

https://rugby.city.yokohama.lg.jp/te04/

 

なるほどね~

 

  • イギリスは「グレートブリテンおよび北アイルランド連合国United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland」が正式名称、イングランド・ウェールズ・スコットランド・アイルランドの4つの連合国である
  • イギリスはサッカー協会・ラグビー協会ができる前からそれぞれの地域で協会ができていた
  • サッカー協会・ラグビー協会への登録はそのまま4つの地域で認められた
  • ちなみに中国・香港・台湾・マカオもそれぞれ登録されている

 

ということなのかしら、あってる??

 

子供たちもスポーツに親しんでほしいなと思ってるけど、ラグビーも面白そうかもね(洗濯が大変そうだけど)。

 

イギリス発祥のラグビーだからイギリスが開拓したニュージーランドやオーストラリアはラグビーが強いっていう説もあったよ。

それにしても今日の試合は面白かった。

ちょっと地理の勉強もしちゃった、ラグビー面白いです。

とうとう決勝戦、楽しみでーす!

よかったらポチっと♪お願いします

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

CATEGORIES & TAGS

日記,

Author: