a リトルキディーズのカバーを使っている、子供乗せ自転車の暑さ対策に…スリーコインズの断熱シートがなかなか良かった話

futaba-log

ふたばログ~男の子子育て中ママ2人のブログです。

未分類

リトルキディーズのカバーを使っている、子供乗せ自転車の暑さ対策に…スリーコインズの断熱シートがなかなか良かった話


気持ちが良い季節はあっという間。

また今年もアツ〜〜イ夏が近づいてきました。

幼稚園までの送り迎えや移動で、自転車に乗る機会もたくさん。昨年は自転車の後ろに乗っている息子の暑さ対策を特にしていなかったなぁ。首に保冷スカーフを巻いたりはしていたけど、直射日光が当たって日焼けはするし、かなりの高温でベルトも熱くなるみたい。

 

今年こそは少しでも子供が快適に過ごせるようにアレコレ考えてみたよ。

 

私が使っているのは、リトルキディーズの雨よけカバー。卵型が目印の視界良好なカバーです。楽天で8500円くらいで購入しました。

リトルキディーズ

このレインカバーが大活躍

 

 

購入してからは、外すことなく毎日付けっ放しにしています。雨だけじゃなく風よけにもなるし、寝てしまっても頭が軽く支えられて良い感じだからとても気に入ってます。

 

ちなみにリトルキディーズのカバー自体はUVカット効果はあるみたい。でも日差しは遮れないから暑い

 

なんとか暑さ対策しなくちゃと、まずは良さそうな日除けカバーがないかネットで検索。

 

日よけサンシェード

こういう日よけカバーがあったよ

 

風通しが良くていいなと思ったけど、リトルキディーズのカバーを外さないといけないな…。

 

100均にも遮光カーテンやアルミシートが売られているけど、自転車のカバーにとりつけるには見た目がイマイチ。

 

アルミシートをカットして、可愛い柄の布を貼り付けて自作しようかと考えていたらちょうどいいサイズの断熱シートを発見〜。

 

それは3コインズで今年発売された『ベビーカー用の断熱シート』です。

 

断熱シート

スリーコインズの断熱カバー

 

『サンシェード』と『断熱シート』と書かれた2種類のカバーが出ていますが、私が購入したのは長方形の断熱シートの方。柄は水玉模様で、色は紺とグレーがありました。

 

それがリトルキディーズのカバーのサイズにちょうど合ったんです(≧∀≦)

 

これならいつも通りカバーをつけたまま、内側に断熱シートをセットすれば日除けになる…(^O^)

 

断熱シートの取付け方

 

リトルキディーズのカバーのファスナーは閉めず、写真のように上をクリップや可愛い洗濯バサミなどで留めて、断熱シートだけ下ろしておけば風も入るし、直射日光を遮ることができます。

 

 

断熱シートつけた

幅も長さも良い感じ♪

 

 

 

マジックテープで固定

後ろは付属のマジックテープで固定できたよ

 

 

前がふわふわしないよう、元々ついている黒のマジックテープをうまくハンドルに巻きつけてみたり、つけやすいようにアレンジするのもあり。私はカットしてハンドルにつけやすいようにしてみたよ。マジックテープで取り外し可能★

 

ハンドルに固定

ハンドルにつけてみたよ

 

 

 

シートの裏

裏はこんな感じで固定

 

息子が両サイドからも日が当たって暑い〜と言うので、もう1つ同じ断熱シートを購入。

これを半分にカット。さらに端っこをリトルキディーズのカバーの形に合わせてカットしてみたよ。切るとアルミシートと柄の描いてある部分がペラペラ分かれるので、ミシンで縫い合わせました。簡単に両目テープとかで固定しても良さそう。

つける位置を調整しながら、ただ半分にカットしたものをそのまま使用しても♪

 

内側

内側はこういう感じ

 

最後に内側からマジックテープで断熱カバーとリトルキディーズのカバーを固定するだけ。↓

 

 

シートをつけた

何ヶ所かマジックテープで固定~。

 

外の景色を見たくなった時は、マジックテープだからすぐ取り外せます☆

 

座席部分にはベビーカーで使っていた保冷剤も入れられるシートを活用。生地もサラッとした肌触りだから◎。赤ちゃん本舗で購入しました。

 

あとは携帯できる扇風機もあったら更に良いだろうな。まだ買ってないけどコレなら自転車に設置できそう。

 

扇風機

携帯できる扇風機

 

 

 

扇風機

自転車にも付けられて良さそう♡

 

色々な暑さ対策があるから、また良さそうなものがあったら試してみよう☆

 

どんどん暑くなる前に、熱中症対策しておかなきゃ。

よかったらポチっと♪お願いします

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

CATEGORIES & TAGS

未分類,

Author: