a 割れにくいシャボン玉を作った話

futaba-log

ふたばログ~男の子子育て中ママ2人のブログです。

子育てメモ

割れにくいシャボン玉を作った話

2019年4月20日

今回は割れにくいシャボン玉液の紹介します☆

 

シャボン玉飛んだ〜屋根まで飛んで〜こわれて消えた〜♪

 

…という歌のように、すぐに消えてなくなるシャボン玉。シャボン玉大好き~。
キラキラ風に乗って飛んでいるシャボン玉を見てるだけで、子供だけじゃなくて私もワクワク♡幸せな気分になります。

 

すぐ消えてなくなるところも魅力的だけど、もう少し長く見ていたいな

 

 

どうしたら割れにくいシャボン玉が出来るんだろう???

 

調べてみたら、割れにくいシャボン玉液の作り方は色々あるみたい。普段百均で買うことが多いけど、手作りするのも経済的で良さそう(^○^)

 

シャボン玉液の作り方

《材料》

⚪︎食器用洗剤(界面活性剤30%以上が◎)200ml

⚪︎グラニュー糖    20g

⚪︎合成洗濯のり(PVA…200ml
⚪︎水(水道水を沸騰させ、さましたもの)

 

12のペットボトルにじょうごをのせ、グラニュー糖、食器用洗剤、洗濯のりを入れます。

2】水をペットボトルの八分目まで入れ、ふたをし、上下によく振って混ぜれば出来上がり。(オレンジページネットより)

 

 

 

 

↑界面活性剤 〇〇%は、裏に書かれているのでチェック(^ ^)

 

 

家に洗濯のりがない場合

⚪︎食器用洗剤10ml

⚪︎  200ml

⚪︎砂糖10g(出来ればグラニュー糖がオススメ)

 

1】鍋に水を入れ、沸騰させます。

沸騰したら火を止め、ぬるま湯程度になるまで冷まします。

 

2】ぬるま湯程度になったお湯の中に、砂糖を入れ、溶けるまでよくなじませます。

 

3】砂糖が完全に溶けたら、台所用洗剤を入れ混ぜ合わせます。ゆっくり泡立てないように混ぜるのがポイント。

 

容器に移したら出来上がり。

 

万が一、口に入ってしまったら…と思いますよね。台所用洗剤や石けんは、無添加のものなどさまざまな種類があるので、安全性に注意しながら選ぶと良いかも。。

固形や粉末状の石けんなどを使う場合は、水よりぬるま湯のほうが溶けやすいようです。

 

 

でも手作りはちょっと大変という方に朗報(╹◡╹)♡

 

市販のシャボン玉液も、あるモノを加えるだけで、簡単に割れにくいシャボン玉が出来るらしいんです。

 

それはガムシロップ。

 

市販のシャボン玉液(100cc)にガムシロップ(25cc)を入れてよく混ぜるだけ。

 

ガムシロップ1個あたり、だいたい1013グラムなので、2個くらい入れるのが良いかな。

 

 

ガムシロップではなく砂糖を使う場合は、水かぬるま湯によく溶かし、適量をシャボン玉液に混ぜます。

 

あとは普通にシャボン玉を作れば、割れないシャボン玉の完成(^O^)/

 

砂糖やガムシロップをシャボン玉液に混ぜると、シャボン玉の膜が蒸発しにくくなり、割れにくくなるそう。

 

試してみたら確かにガムシロップ入りのシャボン玉の方が割れにくい❤︎

 

ひと手間加えるだけで、子供が笑顔でいる時間が長くなりますね(≧≦)

 

次回は『シャボン玉がこぼれにくい容器の作り方』の紹介です☆

よかったらポチっと♪お願いします

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

CATEGORIES & TAGS

子育てメモ,

Author: