futaba-log

ふたばログ~男の子子育て中ママ2人のブログです。

子育てメモ

大田区の大鳥居医院が2018年11月に分娩取扱再開!ゴージャスな個人院にリニューアル

2018年12月6日

出産は一大事。不安もあるけど、幸せな瞬間。10ヶ月大きなお腹で大切に育てた我が子と対面できるから、もうワクワクで仕方ないですよね。

でも産科があまりないのが現実。産みたいところで産めない。

大田区在住なら、東邦医大、前村医院、瀬尾医院、昭和医大、荏原病院、労災病院が有名どころ。

私は婦人科でお世話になっていた昭和大学病院で出産をしたけれど、第二子は個人院もいいかなと思い、大田区池上にある瀬尾医院に診察を受けに行きました。

 

ここも地元では人気の個人院。美味しい食事がでるけど、とにかく検診の待ち時間が長いらしい。先生のスケジュールにあわせて計画分娩になると聞き、予約もいっぱいだったので結局昭和大学病院で出産しました。

 

NICUがあるところ、母子分離のところが希望だったので昭和大学病院はとても満足です。食事はお祝い膳もなく美味しくないので、そこが難点ですが・・・

 

さて、先日子宮ガン検診で「大鳥居医院」に行ってきました。

今年2018年11月にリニューアルオープンした大田区大鳥居駅から徒歩10分の産婦人科。

なんと産科も再開とのことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内装はホテル並みの雰囲気。「大鳥居医院」という名前から想像できないほどゴージャスで綺麗。

キッズスペースもあり、ハイハイの子はもちろん、子供も飽きたりしません。

院長の診察だったのですが、物事をハキハキ言う方。

おしゃべり好きで、リニューアルオープンされた医院での最初の分娩は院長の娘さんだそう。娘さんも婦人科医らしく評判がとてもいいそうです。

 

子宮ガン検診にエコー検査もつけてみましたが、とても丁寧に診察してくれ、説明もわかりやすかったです。

 

NICUはないものの、LDR室で最新の設備を備えているそうです。

個人院ならではの豪華な食事も期待できそうですよ。

 

ぜひ、検診がてら大鳥居医院を訪れてみるのもいいですね。大田区での出産に選択肢が増えました(^^)

 

大鳥居医院

http://ootorii-iin.tokyo

 







CATEGORIES & TAGS

子育てメモ,

Author: