futaba-log

ふたばログ~男の子子育て中ママ2人のブログです。

日記

ケロヨンの生みの親は影絵作家 藤城清治さん。大好き~

2018年2月24日

誰もが一度は目にしたことがあるであろう幻想的な影絵。

今回は、美しい影絵の世界をご紹介します。

作者は藤城清治さん、現在93歳。

ケロヨンの生みの親。「暮しの手帖」や朝日新聞の掲載、テレビやCM、美術館もあります。藤城さんは大叔父の慶応の同級生ということもあり、小さな頃から親近感がありました。個展やサイン会にも度々足を運び、家族皆んな大ファンです。

見れば見るほどため息がでるほどの美しい作品。

個展は別世界。真っ暗な空間に浮き出る幻想的な影絵。ここに来ると、現実世界からふと抜け出た感じがします。

軍艦島や広島の原爆ドームの作品は水の上に飾られ水面に反射するようになっていました。ゆらゆら光と影がとても神秘的。

3歳の息子を連れて行った時は、大騒ぎすることもなく見入っていました。小さくてもいいものはわかるんですねー。猫好きなので、絵の中に描かれている猫が気になったようです(^^)

作品に登場する猫は先生の飼い猫のアラメです。アラメは2007年に亡くなってしまったそうです。目黒にある先生のアトリエで個展があった時に可愛い猫がいました。その子は先生の現在のパートナー、ラビくんかな?(^^)

2008年にテレビの「行列のできる法律相談所」のカンボジア学校建設プロジェクトで、芸能人や有名人が出品した作品のオークションがありました。そこで450万で落札された藤城清治さんの作品。

「カンボジアに幸せを」

※写真はネットからお借りしました

カンボジアの子供たちのキラキラした目!見入ってしまいます。

全体のデザインもカンボジアの国旗をアレンジしたものだそうですよ。すごい・・

私の癒し。そして活力が湧き出る先生の影絵。

クリスマスになると毎日見ちゃうほど大好きなのがこちらのDVD。優香のナレーションがとってもいいんですよ〜。マッチ売りの少女は先生のナレーション!

夏〜秋にかけて銀座の教文館でも個展が開催されているので、ぜひ足を運んでみてくださいね。







CATEGORIES & TAGS

日記,

Author: